星野町長に取り組み内容などを説明する奥田真美さん=西伊豆町役場

 本年度、県が新たに創設した「障害を理由とする差別を解消するための取組に関する知事褒賞」を受賞した西伊豆町のNPO法人みんなの家(奥田俊夫代表)が12日、町役場を訪れ星野浄晋町長に受賞を報告した。

 みんなの家は障害者の旅行を支援する「ラクタビスト」を運営している。養成した「旅サポーター西伊豆」を派遣し、個々の身体状況に合う旅行支援に取り組んでいる。同NPOのラクタビスト事務局奥田真美さんから報告を受けた星野町長は「町内宿泊施設と障害者をつなぐ役割になってほしい」と話した。真美さんは「今後は地元の介護施設などの利用者が、遠方にいきたいという希望をかなえる『発地型』の活動にも取り組んでいきたい」と展望を語った。

 【写説】星野町長に取り組み内容などを説明する奥田真美さん=西伊豆町役場