期日前投票をする有権者=河津町保健福祉センター・ボランティア団体室

 任期満了(10月9日)に伴う河津町議選の期日前投票が26日、町保健福祉センター・ボランティア団体室で始まった。町選挙管理委員会によると、午後5時までの投票者数は345人で、前回選初日1日分の327人を上回る好調な出だしとなった。

 町議選は現職9人と新人3人の12候補が11議席を争っている。前回選の期日前投票は4日間で2367人が行っており、町選挙管理員会は前回選並み以上を見込んでいる。

 投票を済ませた沢田の農業後藤純一さん(70)は「町役場前(田中)から河津桜観光交流館(笹原)までの町道整備が長年停滞している。早期完成を推進してくれる人を推した」、見高の地方公務員山本広昭さん(51)は「人口が減少しているので若い人の雇用対策、自然環境を生かした町づくりや活性化を望む。若い候補に期待する」と話した。峰の主婦遠藤享子さん(36)は「児童・母子手当など子育て支援を充実してほしい。子どもたちが集まって遊べる遊具や環境を整えてもらいたい」と期待を込めた。

 期日前投票は29日まで午前8時半~午後8時。

 【写説】期日前投票をする有権者=河津町保健福祉センター・ボランティア団体室