毎回バルを楽しんでいる中村夫妻=下田市5丁目の「酒処なぶら」

 食べ歩き・飲み歩き・買い歩きイベント「下田・南伊豆・河津がんバル」(同実行委員会主催)が30日まで、下田・南伊豆、河津の3市町で開かれている。

 8年目を迎えた今回は、新たに河津町が加わり、計197軒が参加。飲食、物販をはじめ、立ち寄り湯、観光施設や博物館の入館、乗馬体験、遊覧船、ジャンボタクシー、美容体験などが楽しめる。

 チケットは、5枚つづりで3600円。3市町の商工会議所・商工会などで販売している。浴衣姿で参加した人や、チケットの半券で豪華景品が当たる特典もある。

 下田市五丁目の「酒処なぶら」では初日の27日、早々多くのバル客が来店した。毎回欠かさず楽しんでいるという下田市白浜の会社経営・中村敦さん(50)は「このイベントのおかげの多くの店を知ることができ、お勧めの店を知人や観光客に紹介しています」と話した。問い合わせは、事務局の下田商工会議所〈電0558(22)1181〉へ。

 【写説】毎回バルを楽しんでいる中村夫妻=下田市5丁目の「酒処なぶら」