南伊豆町は9月28日までに、夏季(7、8月)入り込み客数をまとめた。全体は前年比10・2%減の26万6475人で、度重なる台風もあり特に海水浴客が大きく減った。ヒリゾ浜を抱える中木の渡船関係者は「過去最も船を出せなかった」と話す。

 海水浴客は11・0%減の11万4508人で、弓ケ浜海水浴場は13・5%減、中木海岸(ヒリゾ浜含む)は10・4%減。妻良のみ8・8%増だった。宿泊施設は1・8%減の6万4034人で、7月の旅館は1・0%増と好調だった。観光施設は12・2%減の14万7435人だった。町商工観光課は「度重なる台風で遊泳禁止の日が多く客足が鈍った」とした。