菜の花の種をまく河津桜まつり出店業者ら=河津町笹原

 河津町の河津桜まつり実行委員会(委員長=山田和子・町観光協会長)は2日、笹原や浜などの桜並木沿いで菜の花の種まきを行った。

 翌年の祭りに向け毎年初秋、祭り会場に出店した業者を主に取り組んでいる。菜の花の黄色が河津桜のピンク色とコントラストを演出、文字通り花を添える。

 今回は約120人が出て、笹原公園前を中心に一帯の花壇、河津駅南側の伊豆急線路沿い桜並木などで作業した。畝を作り混合肥料と堆肥を入れて、春に採っておいた種をまいた。実行委は「咲き始めは1月末ごろからを見込んでいる」と話した。

 第29回河津桜まつりは来年2月10日~3月10日に開かれる。

 【写説】菜の花の種をまく河津桜まつり出店業者ら=河津町笹原