家庭でもできる犬の毛並みの手入れを指導するミックさん(左)=南伊豆町下流の太陽人

 捨て犬や迷子で飼い主のいない保護犬を支援する「ワンコ祭り」が9日、南伊豆町下流のペンション太陽人(渡部愛さん経営)で始まった。譲渡会や人気トリマーの講座を行い、多くの愛犬家を集めた。10日まで。

 米国フロリダ州で活躍する日本人トリマーのミックさん(愛知県出身)が講師を務めた。虐待された犬のカットを手掛け「悲惨な環境に置かれた犬が多くいる」と話した。

 ミックさんはさらに「虐待された犬は保護後も人を恐れる。家を出るとおびえ小便を漏らすこともある」と話した。カットには数年かけ信頼を築く必要があるという。また「犬は飼い主のカットがうれしい」と述べ、家庭で可能な手入れを指導した。

 ほかにドッグラン無料開放や犬のファッションショーがある。時間は午前11時~午後4時。問い合わせは太陽人〈電0558(65)0132〉へ。

 【写説】家庭でもできる犬の毛並みの手入れを指導するミックさん(左)=南伊豆町下流の太陽人