■稲取高被服食物部など

 県立稲取高被服食物部と東伊豆町地域おこし協力隊が夕飯を低価格で提供する「あったかふぇ」が25日午後4時から、稲取の交流拠点施設ダイロクキッチンで開かれる。6回目の今回はハロウィーンを意識しカボチャを使う。

 献立はかぼちゃの煮物、二十穀米のひじきご飯、お野菜たっぷり秋の炒(い)り豆腐、白菜サラダ、スイートパンプキン。40食を用意する。料金は大人500円、高校生以下300円。時間は7時まで。

 あったかふぇは、孤食などに対応、生活や心のバランスを整える機会に―と多世代に集いの場を提供する。来年3月まで月1回開設している。問い合わせは同協力隊の荒武優希さん〈携帯090(9016)6530〉へ。