子育て支援施設計画を答申する稲本委員長(右)=河津町役場

 ■建設候補地、町役場周辺か河津中周辺

 河津町子ども・子育て会議(稲本敏尚委員長)は19日、子育て支援施設計画を岸重宏町長に答申した。整備施設内容は放課後児童クラブを分離し子育て支援センター機能を主に、建設候補地は田中の町役場周辺か町立河津中周辺とした。放課後児童クラブは小学校敷地内での運営・整備を望んだ。

 施設内容は他に、基本方針として▽2階建てまで▽防犯対策に配慮▽地域木材の積極的利用▽安全確保のための部屋レイアウト―などの配慮を求めた。

 具体的には、一時預かりや子育てサロンの各保育室、授乳室、沐浴(もくよく)・子どもトイレ、児童館の創作活動室、ボランティア室や多目的ホール、共用の応接・相談室、調理室、図書室などを配置する。外遊びできる広場的なスペースも確保する。

 候補地は、安全・安心性、公共施設との連携、町有地の有効活用、立地的な利便性などを念頭に18カ所から絞り込んだ。

 放課後児童クラブについては、町学校教育環境整備委員会が協議している「小学校の在り方」の答申に沿うべきだとした。

 子育て支援施設計画の答申は町役場で行った。稲本委員長は「前に進めるようまとめた。早急な推進を願う」と求め、岸町長は「皆さんの意見を尊重しながら政策に反映させたい」と答えた。今後、町が計画を策定し、早ければ2021年度の完成が見込まれている。答申内容は町ホームページに掲載する。

 【写説】子育て支援施設計画を答申する稲本委員長(右)=河津町役場