見頃を迎え風に揺れるススキ=東伊豆町の細野高原(本社ドローンで撮影)

 東伊豆町稲取の細野高原でススキが見頃となっている。東日本屈指の広さ約125ヘクタールに及ぶススキ草原で淡い黄金色の穂が波打ち、観光客らを楽しませている。

 標高821メートルの三筋山裾野に広がる高原は東京ドーム26個分、ススキで知られる神奈川県・箱根仙石原の7倍を誇る。相模湾や天城山も眺望できる。夏の猛暑の影響で草丈が例年よりやや短めだが、ススキの海原のような風景は見応えがある。

 26日、東京都八王子市から友人と2人で訪れた井上静子さん(72)は「とても広いススキ草原に感動した。秋の花も楽しめる」と話し散策を楽しんだ。

 11月9日まで、町観光協会による「秋のすすきイベント」が開かれている。土・日曜日には演奏会や餅まきなどがある。雨天中止。入山料は中学生以上600円。小学生以下は無料。詳しくは同協会〈電0557(95)0700〉へ。

 【写説】見頃を迎え風に揺れるススキ=東伊豆町の細野高原(本社ドローンで撮影)