健康サポート薬局となったあらり薬局=西伊豆町安良里

 ■服薬情報把握や24時間対応

 西伊豆町安良里のあらり薬局(高橋衛生堂・高橋浩代表)が、厚生労働省が定める一定の基準をクリアした「健康サポート薬局」となった。県内では18店舗目で、賀茂地区では初。地域の健康増進に向け、幅広く多方面から住民をサポートする。

 薬剤師の資質や薬局内の設備・開局時間、地域との連携体制など、一定の基準をクリアし、都道府県知事に届け出た薬局が「健康サポート薬局」として表示することができる。

 かかりつけ薬剤師・薬局の担う服薬情報の一元的・継続的把握や24時間対応・在宅対応などの機能に加え、地域住民の健康増進をサポートする。具体的には相談内容によって医療機関での受診の提案や必要に応じた関係機関の紹介、地域での健康に関するイベントの開催、土・日曜日に一定時間の開局などに努める。

 あらり薬局は1999年に開局した。現在は4人の薬剤師が勤務している。これまでも業務の中で、健康サポート薬局と同様の活動を行っていたが、地域への周知とより一層の行政や福祉との連携を目指し「健康サポート薬局」とすることを決めた。

 薬剤師でもある高橋代表は「地域に近い立場として医療、行政、福祉と患者である地域住民をつなぐ橋渡しに努めていく」、管理薬剤師の今野織江さんは「健康に関するアドバイスを通じ、地域住民がその人らしく生活できるよう支援していきたい」と話した。

 【写説】健康サポート薬局となったあらり薬局=西伊豆町安良里