午前0時に神社を出発し夜通し太鼓をたたいて巡行する若衆=南伊豆町湊

 南伊豆町のほぼ全地区で1日、一斉に秋祭りが始まった。湊の若宮神社では午前0時、日付が変わると同時に太鼓台が出発した。50人ほどの若衆が代わる代わる伝統の太鼓を打ち鳴らし、夜明けまで集落を巡行した。

 今年の湊祭司会長は山田忍さん。円すいを重ねたような独特の形状のバチで「五郎さん」「宮神楽」「昇殿」「馬鹿囃子」などをたたいて回った。大頭の家で朝食のカレーを食べて解散した。桑原弘行さんは「移住で来た人も太鼓に参加してくれた。この祭りが一番楽しいんだ」と陽気に話した。2日は本祭りを行う。

 【写説】午前0時に神社を出発し夜通し太鼓をたたいて巡行する若衆=南伊豆町湊