丁寧に作られた展示品が来場者の目を引く東伊豆町民文化祭=同町の稲取小体育館

 第42回東伊豆町民文化祭(実行委員会主催)が3日、町立稲取小体育館で始まった。展示の部33団体・個人、舞台の部12団体が日頃の取り組みの成果を披露する。4日まで。

 「うれしいな たのしいな 我らで作る文化祭」をスローガンに、絵画や書、工芸、文芸など500点以上の作品を展示、合奏、合唱、踊り、人形劇などの舞台を繰り広げる。

 熱川幼稚園が力士と土俵の大作「おおずもう」を出展、町石丁場遺跡保存会が写真で石丁場を紹介、林紀一郎先生ファンの会が「版画家浜口陽三と伊豆」を特集するなど丁寧に作られた展示品が来場者の目を引いている。

 4日は展示が午前9時~午後3時20分、舞台が午前11時50分~午後3時半ごろ。

 【写説】丁寧に作られた展示品が来場者の目を引く東伊豆町民文化祭=同町の稲取小体育館