観光客に太鼓祭りの魅力を伝える英さん(右)=下田市三丁目の旧沢村邸

 下田八幡神社例大祭(太鼓祭り)の写真展「下田っ子の心意気!2018」(下田まち遺産の会主催)が11日まで、下田市三丁目の旧沢村邸で開かれている。

 太鼓橋や宮入り風景など有志から提供を受けた今年のスナップをはじめ、1940年以降の古い写真を含め約80点を展示した。

 1960年に撮影した太鼓台22台の写真も一堂に並べた。現在は14台に減少したが、写真には往年の各町会ゆかりの飾り物(人形)が写っている。

 まち遺産の会の英みどりさんは「太鼓祭りは下田っ子の心意気を凝縮した祭り。この時ばかりは、皆かっこいい。そんな祭りの様子を外の人に知ってもらうとともに、記録を残していきたい」と話している。同展は午前10時~午後4時。

 【写説】観光客に太鼓祭りの魅力を伝える英さん(右)=下田市三丁目の旧沢村邸