本番に向け、合同練習でタイムを競う小学生選手たち=南伊豆町の青野川沿い

 第19回市町対抗駅伝(12月1日、静岡市)に向け下田市、南伊豆町、河津町、東伊豆町の合同練習が4日、南伊豆町で行われた。4市町から約50人の選手が参加し、青野川ふるさと公園を中心とした川沿いのコースを疾走した。

 合同練習は記録やモチベーションの向上を狙いに、2010年に下田市と南伊豆町で開始。その後、4市町の間で随時行われている。

 あいにくの雨の中、小学生の1・8キロから高校生・一般男子の6キロまで本番に近い距離を走り、タイムを計った。

 小学生女子は、下田市の高橋夢花さん(下田小6年)がトップでゴールした。前回大会で個人20位と健闘した高橋さんは「今年は6年生なので、区間賞を目指して頑張りたい」と話した。

 【写説】本番に向け、合同練習でタイムを競う小学生選手たち=南伊豆町の青野川沿い