独自考案の竹太鼓を軽快にたたき初舞台を踏んだメンバー=南伊豆町大瀬の旧南崎小体育館

 ■老人福祉大会で成果

 南伊豆町下小野の高齢者たちが、軽くてたたきやすいオリジナル楽器「竹太鼓」を考案した。渡部征子さん(74)をリーダーに最高齢94歳の6人組が結集。半年の練習を経て7日、旧南崎小で開かれた町老人福祉大会で初舞台を踏んだ。

 太鼓は竹を1メートルほどの長さで切り、節を抜いて焼きを入れたもの。コーンと軽く鳴り高齢者も楽に音を出せる。今春に下小野老人会の仲間で「太鼓をやりたい。舞台に立とう」と意見が出て、征子さんの夫の義一さんが製作した。

 舞台では「河内おとこ節」を元気にたたいた。征子さんは「みんな年寄りで座ってるだけでくたびれちゃう。とちった部分もある。でも堂々最後までやれた」と笑顔で話した。

 ■350人が出席 表彰も

 第58回南伊豆町老人福祉大会(町老人クラブ連合会主催)は350人が出席した。表彰者は次の通り。

 【役員表彰】蛇石 佐藤尚▽市之瀬 佐藤浅雄▽妻良 斉藤歌子、小関絹子▽西子浦 石垣勇夫、内山とせよ

 【85歳表彰】蛇石 臼井さと子、鈴木弘子、佐藤尚▽毛倉野 山田よし子▽石井 山田今江▽加納 堀井和子、山田和人、樋口直弘、山田明子▽二条 高橋春江▽下賀茂 小嶋孝雄、増田英子、金田慶子、青木みよ子、横坂克夫、平山志げみ▽吉祥 鈴木和子、黒田光子、黒田和志子▽仲木 山本敏子▽西子浦 馬場梅子、沢村又郎▽妻良 村田貞子▽大瀬 長谷川隆昭、菊池好夫、菊池とみえ、菊池仙蔵▽下流 池野喜世香、平山俊一

 【写説】独自考案の竹太鼓を軽快にたたき初舞台を踏んだメンバー=南伊豆町大瀬の旧南崎小体育館