■都内の男子高校生がツアー 取り組み内容編集 

 下田建設業協会(河津市元会長)は、首都圏の高校生を対象とした仕事体験&移住体験ツアーのプロモーションビデオ(PV)を制作した。

 仕事&移住体験は今年8月、建設業の担い手確保を目的に実施した。都内の男子高校生2人を迎え、2泊3日の日程で土木現場の見学や仕事体験、土木関係者との交流を繰り広げた。

 PVは、ツアーの内容を2分48秒で編集した。生き生きと取り組む高校生の姿から、社会に貢献する土木の仕事や魅力、楽しさなどをアピールしている。

 同協会は、今後も県交通基盤部が土木のイメージ向上と担い手づくりのために立ち上げた「静岡どぼくらぶ」と連携し、担い手確保に向けPR活動に努める。