■「スポーツ通じ町づくり」 

 任期満了に伴う来年4月の下田市議選に、新人で同市体育協会長の渡辺照志(わたなべ・てるし)氏(68)=大賀茂=が23日、無所属での出馬を表明した。同市議選の新人の出馬表明は2人目。

 南伊豆町上賀茂出身。スポーツ用品店を経営し、市バレーボール協会長も務める。約45年にわたり体育協会に関わり「長年の経験を生かし、市議の立場からスポーツ振興をはじめ、スポーツを通じた青少年の健全育成や市民の健康増進に尽くしたい」と出馬を決意した。

 重点政策として(1)スポーツ合宿の受け入れ整備(2)高齢者の外出支援(3)地震などの防災対策(4)女性の活躍の場の創出(5)中学校統合に向けた安全な通学路の確保―などを挙げる。