最優秀賞に選ばれた「ジンベイザメ」

 ■大口ジンベイザメで 

 西伊豆町の黄金崎クリスタルパークでこのほど、「第14回かも風鈴デザインコンテスト」(西伊豆元気製作所主催)の審査会が開かれた。国内外から応募のあった764点から、名古屋市の主婦伊佐治玲子さんの「ジンベイザメ」が最優秀賞に選ばれた。

 同製作所をはじめ、町内のガラス作家、同パーク職員が審査員を務め、入賞作品19点を決めた。

 伊佐治さんの作品はかわいらしくデフォルメされたジンベイザメが下を向いて大きく口を開けているデザイン。青い体に白い斑点があり、鮮やかな色使い。風に揺れ、風鈴のふちに当たって音を生み出す「鳴子(なりこ)」は泳いでいる人になっている。

 デザインと、夏の海を連想させる雄大なジンベイザメを風鈴にするアイデアが多くの審査員から高い評価を受けた。同製作所の居山博人代表は「ジンベイザメと泳ぎたいという夢が感じられた。ガラス作家が斑点模様をどのように再現するのか今から楽しみ」と話した。

 入賞作品は今後、町内のガラス工房により実際に制作され、来春にクリスタルパーク内のギャラリーコーナーで展示する。かも風鈴としての商品化も検討するという。

 最優秀賞を除く入賞者は次の通り。

 優秀賞 上條真久(沼津市)望月暁子(神奈川県)▽工房賞 ニクラス・エルベスコグ・ビーレン(スウェーデン)安藤隼(東京都)松原明希(松崎町)▽ふるさと賞 松本凌空(西伊豆町)▽クリパ賞 佐竹さやか(東京都)藤田隆(三島市)▽デザイン賞 鷲山祐一(掛川市)広山美月(東京都)筒井奏太(静岡市)勝俣尚悟(神奈川県)西出恵介(愛知県)中馬香織(東京都)花岡穂波(沼津市)浅見勇真(東京都)杉山裕香(同)宮部蒼惟(愛知県)

 【写説】最優秀賞に選ばれた「ジンベイザメ」