伊東さんを客役として乗せて観光案内を練習する島川さん=松崎町

 ■「町民の温かさ知って」

 松崎町でかつて行われていた人力車による観光案内を同町大沢の島川誠さん(38)が復活させ、12月1日に運行を開始する。人の温かさに引かれて移住した島川さんは「観光名所を案内するだけでなく、町の人たちを紹介し、自分と同じように町民の温かさを知ってもらいたい」と話した。

 東京都中野区の建築会社を退職し、風光明媚(めいび)な土地と温かい町民の人柄にほれて8月に移住。町から委託を受けて移住促進に取り組む「さとづくり総合研究所」代表の伊東直記さんに相談し、観光案内を仕事にすることを考えたという。

 同町では町職員有志が「人力車伊豆松崎組」を立ち上げ、1994年から観光案内を行っていた。メンバーの脱退や高齢化が進み、2012年に定期運行を休止。町内のイベントなどで運行するのみとなっていた。

 島川さんは人力車が中瀬邸に保管・展示されていることを知り、同組の馬場順三さん(町会計管理者)に相談し、人力車と同組が使用していた法被を借り受けた。

 島川さんは町の歴史などを勉強し、友人の協力を得て人力車を引きながら案内の練習などを重ねている。今後は人力車の運行をはじめ、体験・体感プログラムを提供する会社「エクスペ」を設立したい考えだ。

 約7年ぶりとなる人力車の運行に馬場さんは「街並みと人力車はとてもマッチし、歩くのとは違う目線で楽しめる。観光客に喜んでもらえるだろう」、町は「町に移住した若者が観光に携わる仕事をしてくれることは大変ありがたい」とそれぞれ期待を寄せる。

 料金は東京都内の業者と比べ、3分の1程度の30分2千円(1人)と、利用しやすい価格を設定している。問い合わせは島川さん〈携帯090(7705)0768〉へ。

 【写説】伊東さんを客役として乗せて観光案内を練習する島川さん=松崎町