赤いアロエの花を見る人=南伊豆町小稲

 師走を迎え、伊豆西南部の海岸線では、キダチアロエの赤い花が目立ち始めた。

 初冬とはいえ、伊豆半島の紅葉は今がピーク。ところが、伊豆西南部は暖か過ぎるためか、木々の色付きは薄く、紅葉の名所もない。代わってキダチアロエの「赤いとんがり帽子」が初冬の風景を彩る。

 下田市白浜の一色海岸、南伊豆町の大瀬海岸などに群落があるほか、海岸線を中心に随所に植栽されている。これから寒さが厳しくなるにつれ、花の数と赤みを増し、1月末ごろまで咲き続ける。

 【写説】赤いアロエの花を見る人=南伊豆町小稲