伊豆トレイルジャーニー2018をPRするポスター

 ■山・林道72キロコース

 松崎町を出発しゴールの伊豆市まで、山道や林道を駆け抜けるトレイルランニングレース「伊豆トレイルジャーニー2018」(実行委員会主催)が9日、開かれる。国内外から約1800人が出場予定で、美しい景観を楽しみながら険しい約72キロのコースで健脚を競う。

 松崎新港をスタートし、宝蔵院やこがね橋(河津町)、仁科峠、戸田峠などを通過し修善寺総合会館(伊豆市)を目指すコースで、累積標高差は4408メートル。

 当日は午前6時のスタートに合わせ、松崎町の一部で交通規制となる。国道136号の松崎新港−町道江奈・門野線合流地点が5時55分から15分間、江奈・門野線の同合流地点から2・5キロ地点までが5時45分から55分間、全面通行止めとなる。

 問い合わせは事務局〈電0558(99)9118〉へ。

 【写説】伊豆トレイルジャーニー2018をPRするポスター