内定先への感謝の気持ちなどを丁寧に書く生徒たち=松崎高

 県立松崎高でこのほど、3年生の就職内定者26人による内定企業宛の礼状作成が行われた。西伊豆町から寄贈された絶景の夕日が載ったポストカード「夕陽(ゆうひ)と絶景の便り」に感謝の気持ちと、社会人としての抱負をしたためた。

 同校は10年以上前から、町からポストカードの寄贈を受けている。企業に西伊豆の良さを知ってもらうことや、生徒の郷土愛を育むことを目的に活用している。美しい夕景が楽しめるポストカードは相手方から喜ばれているという。

 生徒は教員からアドバイスを受けながら、自分の言葉で感謝やこれからの意気込みを丁寧に書いた。加藤亜門君は「頑張る気持ちと感謝の気持ちを美しいポストカードを通じて伝えられたらうれしい」と話した。

 【写説】内定先への感謝の気持ちなどを丁寧に書く生徒たち=松崎高