クリスマスに入荷したフキノトウ=南伊豆町の道の駅・下賀茂温泉湯の花

 ■「早いねえ」「もうある」

 伊豆南端の南伊豆町で25日までに、フキノトウが収穫された。町内産品がずらりと並ぶ道の駅・下賀茂温泉湯の花内農林水産物直売所(渡辺純平店長)で販売されており、クリスマスに春の味覚を味わえると話題になっている。

 収穫したのは同町の井上敏光さん。白地に緑で「ふきのとう」と書いたポップを立てて籠に入れ、1袋に25個前後を入れて200円で販売した。鮮やかな紫色の筋が走り、大きいものは6センチほどもある。

 思いがけない春のクリスマスプレゼントに、来店客は「もうあるねぇ」「早いねぇ」とつぶやき、手に取ってまじまじと見る人もいた。渡辺店長も「もうあるんだ」と驚きの表情だ。

 同店では昨年末も大みそか近くにごく少量のフキノトウが並んだ。渡辺店長は「ちょっと異常な早さだった」と話す。2年続けての年明け前の出荷となった。フキノトウは例年2月ごろ、市場出荷の最盛期を迎える。

 【写説】クリスマスに入荷したフキノトウ=南伊豆町の道の駅・下賀茂温泉湯の花