福井市長にツバキの花束を贈るミス大島の山田さん=下田市役所

 東京都大島町の「第64回伊豆大島椿(つばき)まつり」(27日~3月24日)を前に、同町の観光キャラバン隊が7日、伊豆東海岸3市町を訪れ、祭典をPRした。

 一行は第62代ミス大島の山田芹香さん(26)、第27代ミス椿の女王の石田結愛さん(20)をはじめ、三辻利弘町長、観光協会の小池祐広副会長ら10人。2人のミスは伊豆大島の伝統的な衣装「あんこ」姿で訪れた。

 下田市では、三辻町長が「今年は大島高校が観光甲子園で金賞を受賞した旅行プランを、旅行会社がツアーとして実現する。ぜひ、多くの人に来ていただきたい」とアピール。福井市長は「広く市民に宣伝していきたい」と応えた。

 伊豆大島では、約300万本のヤブツバキが自生しているほか、中心施設の大島公園には園芸種1066種3200本、ヤブツバキ5千本が植栽されている。ヤブツバキは現在二、三分咲き。2月中旬に見頃を迎える。

 期間中、伊豆大島ジオパーク・ロゲイニング大会(2月2日)、伊豆大島カメリアマラソン大会(2月10日)、椿の女王コンテスト(2月23日)などの催しが行われる。

 東海汽船は熱海の定期航路のほか、期間中に伊東、稲取経由の臨時便を最大65%引きで運航する。まつりの問い合わせは大島観光協会〈電04992(2)2177〉へ。

 【写説】福井市長にツバキの花束を贈るミス大島の山田さん=下田市役所