4月の下田市議選に、新人で会社社長の中村敦(なかむら・あつし)氏(50)=白浜=が10日、無所属で立候補することを表明した。新人は6人目。

 千葉県我孫子市出身。95年に下田に移住、96年に健康食品会社「日本健康堂」を設立。下田がんバル運営委員長、黒船祭開国市実行委員、白浜小PTA会長などを務める。

 中村氏は「静岡デスティネーションキャンペーン、伊豆縦貫自動車道整備、駅前再開発事業など、下田が変わる大きなチャンスを迎えている。この波に乗るためスピードと機動力と責任感ある市政への変革が必要」と出馬を決意。(1)市民の声をよく聞く市政(2)豊かな暮らしと安心のまちづくり(3)自然を守り文化を生かす人づくり―を基本姿勢とした政治活動を目指す。