偉人の名言に見入る来館者=松崎町の旧依田邸

 ■毎日違う楽しみ 政治家、俳優哲学者、詩人

 松崎町の旧依田邸で、公益社団法人大日本書芸院の伊豆二教室(西伊豆町)指導者、鈴木伸翠さん(68)=西伊豆町宇久須=の作品展「365日の名言集」が開かれている。1日ずつ違う名言を書いた365枚の色紙を展示している。

 鈴木さんは書道を指導している静岡市のデイサービス施設「おひさま」の職員からもらった「大切なことに気づく 365日の名言の旅」(ライツ社発行)を参考にしながら作品を手掛けた。完成した作品を同施設に寄贈すると月ごとに風呂敷に張り、展示していたことから、借り受けて旧依田邸での展示を企画した。

 世界中の政治家、俳優、哲学者、詩人など、その日に生まれた偉人の名言がずらり。来館者は自分の誕生日や知っている偉人を探すなどして、作品に見入っている。鈴木さんは「旧依田邸の来館者増加や訪れる人たちの楽しみにつながってほしい」と話した。

 展示は4月中旬までの予定。時間は午前10時~午後2時。旧依田邸の開館日はNPO法人伊豆学研究会のホームページ、または同施設〈電0558(43)0123〉へ。

 【写説】偉人の名言に見入る来館者=松崎町の旧依田邸