協定書に調印し、握手する平野会長(右)と福井市長=下田市役所

 賀茂6市町と賀茂歯科医師会(平野信之会長)は6日、災害時の医療救護活動等に関する協定を締結した。

 これにより、災害時に賀茂6市町から要請があった場合、救護所や救護病院などに歯科医師や歯科衛生士などを派遣し(1)傷病者に対する応急措置(2)歯科医療機関への転送要否や転送順位の決定(3)歯科巡回診療(4)死亡者の身元確認の協力―などに取り組む。

 賀茂6市町は、既に賀茂医師会や賀茂薬剤師会と災害時の医療救護活動に関する協定を結んでいる。

 締結式は下田市役所で行われ、6市町代表し福井祐輔市長と平野会長が協定書に調印した。福井市長は「懸案の協定が実現した」と6市町を代表して感謝し、平野会長は「応急措置ばかりでなく、遺体の確認も歯科医の重要な役割。できる限り協力していく」と述べた。

 【写説】協定書に調印し、握手する平野会長(右)と福井市長=下田市役所