朝もやに沈む稲生沢や稲梓の街並み=下田市(下田富士上空からドローンで撮影)

 下田市で7日早朝、朝もやが広がり10メートル先の視界もおぼろげになる濃さで市街地を覆った。下田富士上空からはもやの底に沈む街並みが浮かび上がった。

 湿度が高い状態での放射冷却により発生した。早朝には稲梓や稲生沢方面から下田湾へ、巨大な白い固まりがゆっくりと流れた。

 南伊豆町でも6日夜から翌朝にかけて濃霧が起きた。下田市の30代女性は「6日夜に南伊豆へ向かったら先が見えないような霧が出ていた」と話した。同日は関東や九州でも濃霧が発生し一部で交通障害があった。

 【写説】朝もやに沈む稲生沢や稲梓の街並み=下田市(下田富士上空からドローンで撮影)