キンセンカが見頃を迎えた「田んぼをつかった花畑」=松崎町

 ■予想上回る早さ

 松崎町の「田んぼをつかった花畑」(松崎花畑実行委員会主催)で、早くもアフリカキンセンカが見頃を迎えている。町民有志で組織する実行委員会は開花時期を3月上旬と見込んでいたが、予想以上の早さで開花。民営初の同花畑は“フライングスタート”となった。

 花畑には7種類の種をまき、3月上旬から次々と開花する。現在はキンセンカのほかにも姫キンギョソウが咲いている。

 端山智充会長は「初の民間による開催ということで、多くの人の協力を得て、その結果が結びついた。これから春の行楽シーズン。ぜひ多くの人に足を運び、楽しんでほしい」と話した。

 21日からは同花畑と周辺でイベントなどもスタートする。観光協会による売店、臨時出張所、町民有志によるリアルかかしが設置される。

 問い合わせは実行委〈電0558(42)0745〉へ。

 【写説】キンセンカが見頃を迎えた「田んぼをつかった花畑」=松崎町