■太田町長「適正に処理」

 東伊豆町議会は8日、風力発電修繕工事に関する事務検査特別委員会を設置した。関係書類と資料の提出を求め、29日までに検査する。

 3月定例会本会議で笠井政明氏が緊急動議で「町営風力発電所の風車修繕工事で、予算措置前に工事が執行された疑義が生じた」と地方自治法98条に基づいて決議を求め、賛成7人、反対3人(1人退席)で可決された。委員は6人で委員長に須佐衛氏が就いた。

 太田長八町長は本紙の取材に「適正に事務処理しており疑われることは何もない。検査には協力するが、意図を図りかねる」と話した。

 ■新年度の各予算案を説明

 東伊豆町議会3月定例会は3日目の8日、2019年度一般会計と6特別会計、水道事業会計の各予算案を町が提出し説明した。

 11日は午後1時から、予算案の大綱質疑を行う。