講演会で生徒たちに質問をする大野さん=下田市の下田中

 ■下田中で東京五輪・パラ・ホストタウン推協

 東京五輪・パラリンピック・ホストタウン下田市推進協議会(事務局・市観光交流課)は8日、ホストタウン事業講演会を下田中で開いた。卒業生のプロサーファー・大野修聖さん(38)が「本気で遊ぶ」をテーマに講演し、3年生65人に対して夢に向かって突っ走る人生の楽しさを伝えた。

 大野さんはこれまでのサーフィン人生を振り返り「好きなことで生きていくと責任が付いてくるが、間違いなく楽しい人生だ」と力説。「受験の結果を気にせず、希望を持ち好きなことに向かって頑張ってほしい」と呼び掛けた。また、夢や目標について質問するなどした。講演後、生徒たちから大野さんの生き方に共感する声が上がった。

 下田市は2020年東京五輪・パラリンピックのサーフィン競技米国代表チームのホストタウンに指定されている。

 【写説】講演会で生徒たちに質問をする大野さん=下田市の下田中