4月の松崎町議選に、新人で土木業の小林克己氏(51)=伏倉=が14日、無所属で立候補することを表明した。新人は3人目。

 松崎町伏倉出身。小林組の代表を務めながら、松崎地区民宿組合、町建設業組合で組合長を務めた経歴を持つ。「現在町は混乱の中にある。町民に向けたスムーズな町政を目指し、行政の手伝いをしていきたい」と出馬を決意した。

 長年土木、建設に携わってきたことから「地震、台風などの大規模な自然災害に対し、現在の社会資本整備では不十分である」と考え、重点施策には社会資本整備の推進と防災・減災対策を掲げる。特産品や文化・伝統など町の魅力を生かした観光客誘致にも力を注ぐ。