リアルかかしを設置する住民有志たち=松崎町

 松崎町の松崎花畑実行委員会(端山智充会長)は20日、同町那賀の田んぼをつかった花畑周辺にリアルかかし43体を設置した。美しい花畑と、細部までこだわったかかしが一緒に楽しめる「花畑シーズン」が始まった。

 委員会と住民有志15人が協力して制作した。今年は全体テーマを「松崎の春」とし、花畑を歩きながら楽しめるよう複数箇所に分けて設置、それぞれ小テーマを設定した。

 酒をくみ交わす男性たち、妊婦を囲む家族、歌う男女などのかかしが来場者を楽しませている。端山会長は「花畑は1周約1キロ。ゆっくり歩いて花畑とかかしを楽しんでほしい」と話した。

 会場には足湯が設置されているほか、21日からは飲食の出店も並ぶ。問い合わせは実行委〈電0558(42)0745〉へ。

 【写説】リアルかかしを設置する住民有志たち=松崎町