漫画家を目指す若者4人のイラストを印刷したエコバッグ=東伊豆町役場

 ■漫画家目指す若者4人がデザイン キンメダイやムーンロードなど

 東伊豆町は20日までに、5月に迎える町制施行60周年を前に記念エコバッグを作製した。町内で働きながら漫画家を目指す若者4人のデザインによる特産キンメダイなどのオリジナル・イラストをプリントした。4種150個ずつ計600個で、町の観光PRなどに活用する。

 エコバッグは綿素材の生成りで縦37センチ、横39センチ、幅11センチ。持ち手58センチ。イラストは、町クリエーター創出事業で創作活動に励む20代前半の和田翔太さん、光成孝一さん・佑一さん兄弟、木通都水(さとみ)さんに協力してもらった。1人1種ず担当しキンメの他ムーンロード、伊勢エビ、ホワイトタイガーなどを描いた。プリント色は赤、茶各1種と黒2種。

 同町は、1959(昭和34)年5月3日、稲取町と城東村が合併して誕生した。60周年の記念式典など特別な催しは行わないため、エコバッグを2019年度の町の行事や観光キャンペーンで1年を通じて配布するなどして活用する。作製経費は約46万円。

 町は「エコバッグ生地は化学染料不使用の環境に優しい無漂白。環境への意識向上にもつなげたい」と話している。

 【写説】漫画家を目指す若者4人のイラストを印刷したエコバッグ=東伊豆町役場