箏曲体験教室で「さくら」の弾き方を学ぶ児童=下田市民文化会館

 下田ワイズメンズクラブ(下田YC、臼井啓太郎会長)は24日、「第6回子ども箏曲体験教室」を下田市民文化会館で開いた。伝統楽器の魅力を伝える狙いで恒例の取り組み。賀茂地区と静岡市の4歳~中学1年生11人が参加した。

 地元箏曲サークル・秀箏会の会員と下田高箏曲部の生徒3人が指導者として協力した。

 子どもたちは名曲「さくら」に挑戦。爪を付けて一生懸命に練習し、最後は全員で演奏した。土屋祐太朗君(稲梓小1年)は「上手にできなかったけど楽しかった」と語った。

 指導陣による模範演奏もあり、繊細で美しい音色にうっとりとする保護者もいた。

 【写説】箏曲体験教室で「さくら」の弾き方を学ぶ児童=下田市民文化会館