掛け声に合わせてオールをこぐ子どもたち=南伊豆町の妻良湾

 ■優勝目指す

 南伊豆町の小学生有志12人によるカッターボートチーム「南伊豆ドルフィンズ」が17日、今シーズンの練習を妻良湾で開始した。旧三浜小から続く伝統のチームで、5月26日、横浜市で開かれる「第36回横浜港カッターレース」に出場する。2013年以来の優勝を目指す。

 横浜市少年自然の家南伊豆臨海学園職員の指導で、初日からボートに乗った。チームは2016、17年に準優勝し、昨年は天候不良で大会中止だった。2年連続参加の外岡龍樹君(南中小6年)は「オールのタイミングを合わせ優勝を目指す」と話した。

 龍樹君を除く選手は次の通り。

 【南中】6年 渡辺勘太、遠藤雫▽5年 山口比呂、山本啓太、土屋孝輔、森夏海、冨田真美【南伊豆東】5年 内藤日南太、平山悠乃【南上】6年 外岡勇望▽5年 山本三士朗

 【写説】掛け声に合わせてオールをこぐ子どもたち=南伊豆町の妻良湾