入賞した鈴木さん(左上)、辻井さん(右上)、山田さん(左下)、土屋さん

 ■土屋さん(南中小1年)審査委員会賞

 南伊豆町青市の書道教室さと海会の鈴木せいらさん(南伊豆東小5年)がこのほど、第34回「全国学生書き初め展覧会」(全国書写書道教育振興会主催)毛筆の部で学年2位の第34回展記念特別大賞を受賞した。同教室では土屋花夏さん(南中小1年)も、硬筆の部で学年12位の審査委員会賞を受けた。

 応募総数は1万151点で、鈴木さんの部門には860点が寄せられた。課題は自由で半切の大きな紙に「春よ来い」と楷書で書いた。「“春”の4画目を紙の中心から始めるのを苦労した。大きい紙なので太さも意識している」と述べた。

 土屋さんの部門は824点が集まり課題は「はるがきた」。「“が”のはねを頑張った」と話した。

 特別賞の下の優秀特選には同教室で3人、上小野の日本書峯会で1人が入賞した。受賞者は次の通り。

 毛筆 山田ひまり(さと海、南上小2年)辻井樺音(同、稲生沢中1年)田中和侍(書峯、浜崎小5年)▽硬筆 鈴木せいら

 【写説】入賞した鈴木さん(左上)、辻井さん(右上)、山田さん(左下)、土屋さん

 【写説】優秀特選を受賞した田中君