住民に特定健診の日程や会場を説明する賀茂薬剤師会の高橋会長=松崎町のひまわり薬局松崎店

 ■率向上図る

 県賀茂健康福祉センターと賀茂地域6市町は特定健診の受診率を上げるため、賀茂医師会、賀茂歯科医師会、賀茂薬剤師会の3師会の協力を得た受診勧奨に取り組んでいる。

 賀茂地域では受診率が県平均を下回る市町が多い。2017年度は県平均38・0%に対し、下田市が29・4%、河津町が33・6%、松崎町が37・0%にとどまった。

 昨年2月に、賀茂1市5町の首長らで構成する賀茂地域広域連携会議と3師会が「賀茂地域における健康寿命延伸等に係る協定」を締結したことから同活動を計画。住民の身近な存在である医師や薬剤師に、健診の情報を呼び掛けてもらうことで受診率の増加を図っている。

 松崎町のひまわり薬局松崎店では7日、薬剤師会の高橋清彦会長が訪れた住民に特定健診の日程や会場を丁寧に説明した。「対象者となる家族にも受診するよう伝えてください」などと話し、チラシを手渡した。

 同センターは「健康寿命を延ばすだけでなく、お達者度を上げることも重要。そのためには特定健診を受診し、病気の早期発見や自分の体について知ってほしい」と話した。

 特定健診に関する問い合わせは各市町の担当窓口へ。

 【写説】住民に特定健診の日程や会場を説明する賀茂薬剤師会の高橋会長=松崎町のひまわり薬局松崎店