観光客でいっぱいの休憩棟=南伊豆町の石廊崎オーシャンパーク(2日撮影・提供写真)

 ■年間20万人ペース 大型連休1万6206人 南伊豆

 南伊豆町の一般社団法人石廊崎オーシャンパーク(白崎恭一理事長)は8日までに、パーク開園から大型連休までの入り込み客数をまとめた。4月の1日平均は532人で、大型連休の10日間は1万6206人を集めた。当初見込みの1・5倍で推移する好調さで、年間20万人ペースだという。

 4月1~30日の集計は1万5962人で大型バス79台、乗用車3600台が乗り入れた。4月27日~5月6日の連休中は大型バス20台、乗用車3千台だった。

 連休中は2~4日に来園者が2千人を超えた。特に2日は約2900人を集め乗用車は500台を超えた。終日ほぼ満車状態で、港の区営駐車場も満車になった。

 パークでは連休中、ところてんサービスや農水産市、観光大使の永藤まなさんの演奏を繰り広げた。小沢正雄事務局長は「車のナンバーは関東方面が一番多い。千葉、埼玉、群馬など。西も大阪や浜松、名古屋をよく見た」と述べた。

 一方で手石のみだレストハウス、大瀬の南伊豆アロエセンターは横ばいだったという。

 ■入間千畳敷は10日間で298人 大型連休

 南伊豆町は8日までに、入間千畳敷の大型連休中の入り込み客数をまとめた。10日間で298人が訪れ、最もにぎわった3日は70人だった。1月に設置した赤外線カウンターで計測した。町企画課は「遊歩道整備を進めていきたい」とした。

 【写説】観光客でいっぱいの休憩棟=南伊豆町の石廊崎オーシャンパーク(2日撮影・提供写真)