大雨の影響で茶褐色の濁流と化した白田川=21日午前8時ごろ

 寒冷前線の影響で21日、東海・関東地方など広範囲で大雨に見舞われた。賀茂地区でも大雨警報が発令され、各市町は事前配備体制をとり、警戒にあたった。道路の通行止めや電車の運休など交通機関に大きな影響があったが、同日午後5時までに人的被害は報告されていない。

 降り始めからの雨量は、東伊豆町白田で329ミリ、河津町梨本で271ミリ、松崎町池代で251ミリに達した。

 河川は稲生沢川、青野川、仁科川、那賀川などで消防団待機水位を超えたが、氾濫注意水位に達する河川はなかった。

 国・県道は、雨量規制や冠水などで8路線が通行止めとなった。伊豆急線は伊東駅―伊豆高原間に続き、午前10時前から午後3時すぎまで全線で運転を見合わせた。

 公立の幼稚園、小学校、中学校は南伊豆町と西伊豆町を除く4市町で休園・休校となった。

 【写説】大雨の影響で茶褐色の濁流と化した白田川=21日午前8時ごろ