ボスザル在位歴代2位になる進次郎。芝生の上でのんびりあくびをする=南伊豆町伊浜の波勝崎苑

 ■「進次郎」若く元気 りりしい面構え、もなかアイス好き

 南伊豆町伊浜のニホンザルの名所波勝崎苑(斎藤要社長)の第17代ボス猿「伊豆の進次郎」が、今月末で在位期間6年8カ月となり歴代単独2位に躍り出る。平成以降では最長政権となる。進次郎は10歳代でまだ若く、順調なら来年5月に歴代1位記録を50年ぶりに更新する。

 進次郎は2012年にボスザルに就いた。りりしい面構えで人気が高く、売店には観光客が撮った写真が飾られている。もなかのアイスをよく食べる。餌付け担当者は「ボスだけあってあまり近づくと怒る。まだまだ若く元気だ」と話し、さらなる活躍に期待した。

 従来の2位は平成初期の13代目「伊豆の佐太郎」だった。1位は1970年まで7年7カ月にわたり君臨した4代目「森の石松」で、記録はこの半世紀破られていない。

 同苑の営業時間は午前8時半~午後4時50分。入苑料は大人700円、子ども350円。問い合わせは同苑〈電0558(67)0050〉へ。

 【写説】ボスザル在位歴代2位になる進次郎。芝生の上でのんびりあくびをする=南伊豆町伊浜の波勝崎苑