初の自然体験イベントを開く白井さん。津波避難地でもある所有山林の整備を進めている=南伊豆町湊

 シンガー・ソングライターの白井貴子さん(60)=神奈川県藤沢市出身=が1、2日、南伊豆町湊に所有する森で初めての自然体験会を開く。町内の樹木医・森広志さんと漁師・大野良司さんが指導し、白井さんと森歩きや磯遊びを行う。

 白井さんは約20年前、弓ケ浜に近い土地を買い、たびたび訪れてきた。楽曲発想の源泉でもあり、白井さんが歌った文部科学省ESDメッセージソング「僕らは大きな世界の一粒の命」は森のケヤキがモデルだった。

 近年、白井さんの森が津波避難地に指定され、自身が還暦を迎えたこともあり、自然の素晴らしさを伝えようとイベントを企画した。「どんなことが巻き起こるか、今までにない実践の場」と話した。

 地元参加は申し込み不要で各自現場に集合する。1日は午前11時~正午、参加無料のシンポジウムを行う。

 体験会は1日正午~午後4時(森)、2日午前8時半~正午(磯)で参加費は各日千円。場所は○文の裏。

 【写説】初の自然体験イベントを開く白井さん。津波避難地でもある所有山林の整備を進めている=南伊豆町湊