真新しい店内で桜色のたい焼きを作る山田さん=下田市東本郷

 ■桜たい焼き・田舎屋本舗 経営者山田さん売り上げ把握、宣伝に効果

 南伊豆町商工会が起業促進のため開設しているチャレンジショップの参加店から、初の常設店が誕生した。桜たい焼きの山田孝之さん(59)=湊=が経営する「田舎屋本舗」で、下田市東本郷に店を構えた。

 チャレンジショップは下賀茂商店街の空き店舗を月交代で安く貸し出す制度で、2017年のスタート以来、約20の事業者が店を出してきた。

 山田さんは毎年河津桜まつりでピンク色のたい焼きの屋台を出していたが、通常の店を構えたことはなかった。18年5月に商店街へ出店すると、屋台では少なかった地元客が来て売り切れ続出。ショップ最高売り上げを記録し常設店開設へ自信を付けた。

 妻良の知人から空き店舗を借り、4月末の開店にこぎ着けた。山田さんは「南伊豆でやったことで売り上げの目安が分かった。宣伝効果も大きく下田に来る客の多くから『南伊豆で食べたよ』と言われる」とし「チャレンジショップがなければこの店を出すことはなかった」と述べた。

 店の場所はJA伊豆太陽本店斜め向かい。営業時間は午前9時半~午後4時で月、火曜日は定休。問い合わせは山田さん〈携帯090(2266)0807〉へ。

 【写説】真新しい店内で桜色のたい焼きを作る山田さん=下田市東本郷