樟耀祭のポスターを持ち、PRする秋永君=下田高

 下田市の下田高(斉藤篤校長)は8、9日、学校祭「樟耀祭」を開く。1日目は文化の部で、2日目は体育の部。生徒会長の秋永謙介君(3年)は「どんな人でも楽しめる内容。スローガンに『青瞬daiary(ダイアリー)』とあるように『青瞬』を感じてほしい」と来場を呼び掛けている。

 記録に残る学校祭を―と、スローガンに「ダイアリー(日記)」を入れ、同じメンバーで開く学校祭は一度きりという思いを込め、「瞬」の字を当てた。「日記」に合わせ、各クラスの装飾は1~12月のいずれかがテーマになっているという。

 文化祭のクラス展示ではタピオカドリンク、たこ焼きなど飲食物の販売、ミニゲームなどを行う。部活動の展示は茶道部のお茶と箏曲部の演奏のコラボレーション、自然科学部のドローン展示など。体育館のステージ発表は吹奏楽部や有志のバンドが演奏する。時間は午前9時半~午後2時。

 体育祭はクラス、色別、部活動対抗のリレーの他、長縄飛び、綱引きなど17競技。午前9時から行う。

 【写説】樟耀祭のポスターを持ち、PRする秋永君=下田高