熱海市は夜の街のにぎわいづくりの一環で、熱海海上花火大会に合わせて11日夜、「ハッピーアワー」を催す。タブロイド判情報誌・あたみ通信第2号「夜を愉(たの)しむ」に掲載のスナックやバーなど26店舗で利用できるクーポンを販売するほか、クルーズ船をチャーターして運航する。

 クーポン発行は宿泊客らに花火の後、ゆっくりと熱海の街を楽しんでもらおうと企画。市内の飲食3団体、熱海温泉ホテル旅館協同組合と共同で、3千円券を1500円で販売する。購入は1人1枚に限る。

 販売は渚親水公園の花火大会本部テントで午後5時半~8時10分、同組合で午前9時~午後0時15分、熱海ニューフジヤホテルで午後2時~8時10分に行う。

 クルーズ船の乗船券は、JR熱海駅ビル「ラスカ熱海」3階のJTB熱海支店で午後5時半まで販売する。大人千円、子ども500円。

 問い合わせは市観光推進室〈電0557(86)6370〉へ。

 ■熱海湾で3000発 今年初の大会

 熱海市の熱海湾で11日夜、熱海海上花火大会(市ホテル旅館協同組合連合会主催)が開かれる。今年最初の花火大会で、午後8時20分から約3千発が打ち上げられる。

 問い合わせは同連合会事務局〈電0557(81)5141〉へ。