山田さんに奨励金を手渡す橋本会長(左)と杉山会長(中央)=熱海高

 ■インハイで「悔いない泳ぎを」

 県立熱海高の後援会(杉山利勝会長)と同窓会(橋本一実会長)は3日、全国高校総体(インターハイ)の水泳競技、女子平泳ぎの100メートルと200メートルに出場する3年の山田公佳さん(伊東門野中出)に奨励金を贈った。両会長が同校を訪れ、山田さんに手渡した。

 両会とも、1万円を贈った。杉山会長は「熱海高の明るい話題をうれしく思う。悔いのない泳ぎをしてほしい」、橋本会長は「熱海高に水泳部がない中、ずっと水泳を続けてきたことは素晴らしい。ぜひ優勝を目指してほしい」と激励した。山田さんは「インターハイ出場が目標だった。自分らしい泳ぎができるよう頑張る」と力強く応えた。

 大会は8月17~20日に宮城県利府町で開かれる。

 【写説】山田さんに奨励金を手渡す橋本会長(左)と杉山会長(中央)=熱海高