日当たりの良い斜面で咲いた梅の花=熱海梅園

 熱海市は24日、「日本一の早咲き」をうたう熱海梅園で「梅の花が開花した」と、発表した。18日だった昨年より6日遅いという。

 花を付けたのは、韓国庭園前の初川側斜面に植わる極早咲き品種「冬至梅」の1本(プレート787番)で、細い枝先きに5輪ほどの白い花がある。

 園内を管理するシルバー人材センターの会員が見つけ、公園緑地課の職員が確認した。過去5年は、11月の上旬から中旬に花を咲かせており、最も遅くなった。例年では、ヒマラヤ桜とほぼ同時期に梅が咲き始めるが、今年はヒマラヤ桜が18日ほど早かった。

 【写説】日当たりの良い斜面で咲いた梅の花=熱海梅園