杉本さんから払い腰の指導を受ける児童たち=南熱海マリンホール

 ■教室開き児童ら指導 

 熱海市の小山臨海公園を本年度から管理運営する「レタスプロジェクト共同事業体」(代表=杉山誠一・NPO法人市体育協会理事長)は15日、オープニングイベントを同公園内のマリンホールで開いた。ロンドン五輪女子柔道銀メダリスト杉本美香さんが講演し子ども、指導者対象の教室も行った。

 杉本さんは選手時代度重なるけがに悩まされたことを振り返り「不安も大きかったけれど、けががあったから仲間や周囲の支えを知ることができた」と話した。子どもたちには「必死になれることを見つけてほしい。夢がかなわない人もたくさんいるけれど、立ち向かった過程や仲間が大切。立ち向かう勇気を持って」と呼び掛けた。

 教室では体幹や反応を鍛えるトレーニングを行った。杉本さんが得意技「払い腰」の指導をすると、実演を見た子どもたちが「きれい」と声を上げた。

 共同事業体は同NPOを中心に、市内に拠点を置くリボンプロジェクト、NPO法人アゴーラ・スポーツクラブ、東海体育指導(本社・神奈川県平塚市)の4団体で構成する。リボンプロジェクト社長でアスレチックトレーナーの杉山ちなみさんが、杉本さんと交友があったことから招いた。

 【写説】杉本さんから払い腰の指導を受ける児童たち=南熱海マリンホール