会長に再任されて抱負を語る熱海市の川口議長=東京都千代田区の全国都市会館

 ■12項目の方針決める 

 伊豆地区6市を含む104市が加盟する全国温泉所在都市議会議長協議会は29日、第47回総会を東京都千代田区の全国都市会館で開き、会長に熱海市議会議長の川口健氏を再任した。任期は2年。

 95市の議長、議会事務局職員ら184人が出席。地震や火山噴火の風評被害払しょくに向けた正確な情報発信と経済・観光の活性化、ホテル・旅館の耐震化の財政支援強化、廃業施設撤去費用の財政支援の実施など12項目の運動方針を決定し、首長の温泉所在都市協議会と連携して国会議員、関係機関に強く働き掛けていくとした。

 役員改選では伊豆地区から副会長に伊東市の井戸清司氏、実行委員に伊豆市の三田忠男氏、下田市の竹内清二氏が選ばれた。再任の川口会長は「会長の重職を務め、誠心誠意努力していく」と抱負を語った。

 【写説】会長に再任されて抱負を語る熱海市の川口議長=東京都千代田区の全国都市会館