決算総会であいさつをする森会長=市総合福祉センター

 熱海市老人クラブ連合会(森朝子会長)は26日、市総合福祉センターで決算総会を開いた。加盟35クラブ・1421人の代表が出席して、前年度収支決算を承認した。また加盟クラブ数が減少傾向にあることから、連合会としての支援策について話し合った。

 前年度の収入決算額は491万5408円、支出決算額は449万7917円。差額の41万7491円は本年度に繰り越した。本年度は老人クラブ大会、グラウンドゴルフ大会、歩こう会、初詣旅行、教室発表会などの事業を計画している。

 議事終了後に総務、研修など5部会に分かれ、各部会の活動充実策とあわせ、単位クラブの支援策について意見を交わした。「女性部会や若手委員会の活動を支援し会員増につなげたい」といった声が上がった。

 【写説】決算総会であいさつをする森会長=市総合福祉センター